不眠症に悩ませられている方へ不眠症の治療方法や対処方法を紹介します。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不眠症治療は専門医の治療が一番効果的ですが、病院に行く時間がない、または医者嫌いの方は睡眠薬をオススメします。



不眠症の時飲む薬は、主に、非ベンゾジアゼピン系とベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。非バルビツール酸系、バルビツール酸系は依存性や耐性がつきにくいので、睡眠薬に替わって、よく病院などで処方されるようになりました。


不眠症の症状によって、長時間型(24時間以上の効果)、中間型(12~24時間効果が持続)、短時間型(6~12時間効果が持続)、超短時間型(即効・2~4時間の効果)、というように睡眠薬が使い分けられています。


病院で処方される睡眠薬は、医師の指示を守って服用する必要があります。また他の薬を服用している場合は、必ず伝えてください。


睡眠薬と一緒に飲むと、危険な薬もあります。また、セイヨウカノコソウやセントジョーンズワートなど、
ハーブ系のサプリメントも、睡眠薬服用時には、医師への相談が必要です。


ドラッグストアで売られている不眠症の時飲む薬は睡眠改善薬で、病院で処方される薬とは全く違います。抗ヒスタミン薬や生薬製剤なので、効き目は穏やかです。



生薬製剤はいわゆる漢方薬なので、穏やかで自然な眠りが得られ、起きたときにも眠気が残りにくいという特徴があります。もちろん、これらの睡眠改善薬も薬ですから、お酒と一緒に飲んだり、服用したあとに車の運転を絶対にしてはいけません。


初期の不眠症には睡眠改善薬は効果的かもしれませんが、長期間続けて服用する場合は、薬剤師や医師へ必ず相談してください。


また、うつ病など睡眠改善薬では改善しきれない不眠症の可能性がある場合も、薬剤師や医師への相談したほうがよいでしょう。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。