不眠症に悩ませられている方へ不眠症の治療方法や対処方法を紹介します。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページでは不眠症の対策についてお話します。不眠症になってしまったがどう対処すればいいのかわからないという人が多いでしょう。


なので、不眠症になってしまった。もしくは不眠症かもしれないというあなたには必ずプラスになると思います。是非今からお話しする「不眠症の対策について」ということをじっくりご覧になってみてください。



不眠症の対策として、自分でできるものを紹介します。これらの不眠症対策法を試して、効果がない場合は、必ず専門医に相談しましょう。


まず、朝や昼間、太陽の光を浴びるようにすること。なるべくなら、朝の光をしっかりと浴びることで、体内時計がリセットされます。部屋にこもりすぎて太陽の光を全然浴びていない日が多々あるという方は朝の3分だけでもいいので太陽の光を浴びてください。


そして、昼間にあまり興奮しすぎないようにしてください。運動しすぎやスポーツ観戦などにも、注意が必要です。適度な運動で体を疲れさせるのはいいのですが、あまりやりすぎると交感神経が興奮しすぎて、なかなか静まらなくなります。


カフェイン、香辛料を取らないようにするのも、意外と効果があるので、不眠症の人はコーヒー、紅茶、緑茶、ココアなどを飲まないようにして、飲むなら水、白湯、カフェインレスを飲むようにしてください。


寝る前に冷たい飲み物を飲むのは禁物です。逆に、温かい飲み物を飲むと、眠りやすくなります。それから、寝る準備を早めにするといいです。眠りたい時間の三時間前くらいから、テレビもパソコンもやめます。部屋の照明を薄暗くし、できれば、間接照明かオレンジっぽい電球を使うといいでしょう。


お風呂に入るときには、38~40度くらいのぬるいお湯にゆっくりと浸かり、間違っても、熱いお風呂に入らないでください。お風呂上りにストレッチやヨガをすると、効果的です。


布団やベッドに入ったら、意識していいことだけを考えます。ゆったりと深く呼吸をするようにすると、リラックスできて、眠りやすくなるでしょう。たとえ眠れなくても、悲観的にならないことです。寝酒は熟睡の妨げになるので、不眠症対策にはなりません。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。