不眠症に悩ませられている方へ不眠症の治療方法や対処方法を紹介します。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不眠症を治すにはまず不眠症の原因を知ることが大事です。不眠症は病気ですから必ず原因はあるはずです。不眠症を治すためにはまず不眠症を知ることから始めましょう。



不眠症の原因は、大きく分けると五つあります。


まず一つめは、温度や湿度が不快、環境の変化や騒音で、睡眠環境としてよくないなどの生理学的要因。枕が変わると眠れないなんて、よくいいますよね。これは外的要因なので、その要因を取り除くことができれば、不眠症も治るでしょう。


二つめですが、痛みやかゆみ、喘息などの身体的な要因があげられます。風邪を引いていてせきをして目が覚めることありますよね。また、睡眠時無呼吸症候群も、代表的な不眠症の要因になります。


三つめは、うつ病、神経症などの精神疾患による不眠です。精神医学的要因での不眠は、自力ではまず治せません。精神科、心療内科への通院が必要だと思います。


四つめは、ストレス、精神的ショック、生活や将来への不安などの心理的要因です。仕事のストレスや失恋、身近な人との死別のような精神的ダメージから、不眠症になるケースもよくあります。仕事に追われていて納期に間に合うか心配で寝れないなんてことはありませんか?長期化するようなら、カウンセリングを受けた方がいいでしょう。


五つめは、アルコールの飲みすぎ、タバコの吸いすぎ、カフェインの摂りすぎ、降圧薬、ステロイドなどによる薬理学的要因の不眠です。仕事中にコーヒーを飲みすぎたり、タバコを吸いすぎると健康にもよくありません。


いずれも、自分の不眠症の原因がわかったら、なるべく早くその原因を取り除くことが重要です。長期の不眠症は、専門医に相談し、必要なら睡眠導入剤や睡眠薬を使ってでも、眠った方がいいと思います。


不眠は身体的につらいだけでなく、精神的にもイライラしたり、落ち込みやすくなったり、怒りっぽくなったりしがちです。自分でできる不眠症解消法を試してダメなら、速やかに病院に行ってください。


不眠症の治療は、精神科や心療内科で行っていますが、行きづらいときには、かかりつけ医に相談するだけでも、かなり違います。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。